就職活動の極意を学ぶ!

自己分析を行う際にはまず自分の好きなことをしっかり認識することから始め、その好きなことを仕事として実現していけるイメージを持つことが大切なのです。

自己分析では好きな事を考える

自己分析を行っているとどうしても自分の長所や短所、能力や素養といったことに意識が向いてしまいます。
こういったことを見つめ直すのは大変意味のある行為ですし、就職活動を行っていく上では欠かせない作業だと言えるでしょう。
しかし、就職活動についてもう少し掘り下げて考えてみると、自己分析では自分がどういった事に興味を持っていて、好きだと思っているかということが重要になってきます。

少し前の日本では、与えられた仕事を一生懸命まじめにこなし、さらに周囲を気遣いながら協調性を持って仕事を全うできる人材が好まれる傾向にありました。
これは世界から見た典型的な日本人の気質だといっても良いでしょう。
しかし、現在の日本企業を見てみるとわかりますが、現在ではどちらかと言えば行動力があって自分の考えをしっかり伝え実現できる人材が好まれる傾向にあります。
もちろんある程度の協調性は絶対に必要となりますが、それは備わっているということが前提でさらに独創性や色々な場面に柔軟に対応できる人材が必要とされているのです。

そのため「与えられた仕事を一生懸命こなす」ことは当然として、その上で「自分の意思で仕事を獲得、創造する」ちからが求められているわけです。
そこで、就職活動を行っていく上では自分の好きなことに対してどれだけの情熱を持って臨めるかという事が重要になります。
そのため自己分析を行う際にはまず自分の好きなことをしっかり認識することから始め、その好きなことを仕事として実現していけるイメージを持つことが大切なのです。

就職・転職・求人でも話題の就職。ネットならココがおススメ♪

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加