就職活動の極意を学ぶ!

就職活動が実際に始まっていくのはエントリーシートを提出する段階だと言えるでしょう。

エントリーシートの基本

就職活動が実際に始まっていくのはエントリーシートを提出する段階だと言えるでしょう。
このエントリーシートというものは色々な企業が新卒採用のために導入していますが、そもそも採用を行う企業側ではエントリーシートをどのように活用しているのでしょうか。
まずは、エントリーシートのテーマとして非常に具体的なものを設定し、その文章の内容から合否を判断する材料を得ているというケースがあります。

この場合にはエントリーシートに記入する文章の内容自体が問題となっているため、字数制限のある中でどれだけ自分の考えを述べられるかということが重要となります。
しかし、中には文章の内容自体が問題ではなく、文章から受ける印象やコミュニケーション能力などを参考にしている企業もあります。
こういった場合には文章を書く才能もある程度必要になりますので、内容の吟味はもちろんですが文章の流れにきちんと気を配っているか、人の心に響く文章に仕上がっているかといった全体的な事にもきちんと気を配っておく必要があるでしょう。

また、少数派かも知れませんがきちんと指定された字数通りに文章を作成しているかということだけを参考にしている企業もあるようです。
字数オーバーというケースは無いと思いますが、字数があまりに少ないとあまりやる気のない人だと判断される可能性がありますので注意しましょう。
さらに字数を増やすためだけに文章を引き延ばしているようなエントリーシートも良い印象は与えません。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加