就職活動の極意を学ぶ!

基本的にエントリーシートはそれ自体が合否を判断する材料になる場合と、面接の際に質問される内容の参考として利用される場合に分けられます。

エントリーシートの方向性を決定する

エントリーシートの書き方に関しては就職活動の成否に大きく影響するため、色々な就職セミナーなどでもレクチャーを受けることがあると思います。
基本的にエントリーシートはそれ自体が合否を判断する材料になる場合と、面接の際に質問される内容の参考として利用される場合に分けられます。
そして、エントリーシートの書き方を考える際には、この二つの場合を想定してかかなくてはなりません。

あらかじめ応募する企業がどういったエントリーシートの扱い方をしているのかが予測できれば目的を絞ることが可能ですが、それは難しいですので自分に合った方を選択して方向性を決定しておく必要があるでしょう。
まず、エントリーシート自体が合否の判断材料となる場合には、とにかく最初から最後まで採用者にきちんと呼んで貰える文章にする必要があります。
きちんとストーリーを仕立て、興味を引くことができそうな実際のエピソードなどを盛り込んでおくことが最低限必要となります。
ストーリー性を持ったエントリーシートを作成するためにはある程度エピソードを絞って書かなくてはなりません。

一方、面接での質問事項がエントリーシートを参考にして決められるケースでは、色々なエピソードや多くの要素が盛り込まれたエントリーシートの方が有利になります。
面接官としても色々な質問が思い浮かびますので面接自体に盛り上がりが生まれ、学生側としても答えやすい質問が多くなるため面接がスムーズに進みます。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加