就職活動の極意を学ぶ!

きちんとした理由があれば企業としては内定を出せば入社してくれると判断できます。

面接では熱意をアピール

面接ではできるだけ熱意が伝えられるように心がけること、という事は誰でも知っていると思います。
しかし熱意を伝えるということは非常に難しい事です。
多くの人は熱意を伝えるということを最終的には「一生懸命頑張ります、採用して下さい」だと考えているかと思いますが、これは熱意というよりも言ってしまえばわがままだと言えます。

企業が面接を行う理由には二つあり、一つは良い人材を見つけるためです。
そしてもう一つはその人が本当に自分の会社に入社したいと思っているのかどうかという点です。
就職活動では色々な企業に対してエントリーを行っているはずですので、企業としてはいくら優秀な人材でも明らかに「滑り止め」のような態度がみられる学生に内定を出そうとは思いません。
そのため面接ではその学生が自社を第一希望としていて、内定を出した場合に確実に入社してくれるのかどうかを判断しようとしています。
そこで「一生懸命頑張ります、採用して下さい」と言っても、他の会社でも言っているのだろうとしか受け取って貰えないでしょう。

そのため、採用して貰いたいと思っていることを伝えた上で、「なぜ入社したいと思ったのか」「他社ではなくなぜその企業なのか」「入社してからどういったことがやりたいのか」といった具体的な理由をアピールすることが最も重要です。
きちんとした理由があれば企業としては内定を出せば入社してくれると判断できます。
まずは熱意とその理由付けをきっちりとできるように準備しておきましょう。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加